美容師の転職・採用面接でチェックしておきたいこと

採用面接では誰でも緊張してしまうもの。新卒や中途採用など、チャレンジしてくる人もさまざまな美容師業界では、面接のレベルも気になってしまいます。
一般的な採用面接の内容とは違い、美容師はアシスタント経験や、転職によるステップアップなども確認されることがあります。

転職のときは慎重に、しっかりと意思を伝えることがポイント

美容師は基本的に、アシスタント業務からスタートし、ジュニアスタイリストに上がり、それからスタイリストとして特定のお客さんを接客できるレベルに上がっていきます。
qweyjdt
サロンによって異なる部分もありますが、各レベル時に、施術内容を特化していったり、得意分野を見つけていったりと、プロのスタイリストになるまでの準備をしていきます。

けれども、目標のレベルに達しないままサロンを辞め、転職活動に入る人も多いです。
実際の美容師のレベル別に、転職面接時のポイントをご紹介していきましょう。

<アシスタント経験のみでの面接>

どの店舗でも、必ずアシスタント経験があるのは基本ですが、アシスタント経験のみの場合だと、求められるのは「接客」と「真面目さ」がメインでしょう。
下積み期間はとても重要な時間なので、自分の目標や練習時間の確保などをお願いし、面接の評価を上げるテクニックもあります。

<ジュニアスタイリスト経験での面接>

基本的なアシスタント経験を終えている場合は、美容師求人を探す際に、アシスタントが多くいる店舗を選ぶようにしましょう。もしもアシスタントが少なすぎる場合、スタイリストデビュー前でも、同様の業務を頼まれることがあります。
もしも不安な場合は、面接時にしっかりと確認しておきましょう。

転職は思っているよりも、気力と体力を使うもの。
実際に働きはじめてから後悔してしまうよりも、面接前にしっかりと確認作業をしておくことをオススメします。
カットやカラーをはじめとする、基本的な施術が中心となるのが美容院の仕事内容です。
ほとんど全体的な施術が含まれているため、アシスタント業務を終えたときには、総合的な技術の習得を終えている状態と言えるでしょう。
美容師免許を取得した後は、美容院に就職する流れが一般的になっています。

実はあまり知らない「美容院」について

qwthrs
地域ごとのフリー雑誌などを見ても分かるように、一括りで美容院と言っても店舗数は豊富です。実のところ店舗ごとで、何が違っているのか分からないところがあります。
美容院はアパートなどの一室で、個人経営しているところから、数名のスタッフがいる中規模店、さらに複数の店舗を持つ大型店などの3パターンに分けることができます。
それぞれの特徴について、簡単にご紹介しましょう。

(1)個人経営の美容院

基本的には1〜2名のスタイリストで業務をしている状態なので、必然的に専属のアシスタントの求人が出るようになります。個人経営は大手に比べて知名度も高くないため、お客さんの少ない時間帯には、アシスタント業務と並行して技術の勉強をすることもできます。

空いた時間を有効的に使えるのが、個人サロンの強みですが、スタイリストへのデビューができるかどうかは店舗によるため、確認が必要です。

(2)中規模の美容院

美容師求人で最も多いのが、アシスタントとスタイリスト両方を募集している中規模店と言えます。アシスタントを雇うことで店舗の回転率をアップさせ、将来スタイリストとしてデビューしてもらいたい理由からの募集になります。

人の入れ替わりが多くはありますが、スタッフの技術を間近で見ることができるため、大きな刺激を受けられます。

(3)大型美容院

プロ意識が特に高く売上ノルマなどの厳しい面もありますが、ほかの美容院では経験できないような内容もあるようです。

美容師求人からサロンを探す際には、店舗の大きさやスタッフ数などにも注目してみましょう。美容院の求人内容には、いたるところにヒントが隠れています。

★美容師求人情報はコチラ→美容師アシスタント求人
パート・アルバイト、新卒、アシスタントなどジャンルごとに求人を記載。
美ジョブナビならきっとあなたにぴったりの美容室が見つかる!

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報